就活の時は金欠くん!大学は貯金するべし

就活の時は金欠くん!お金のありがたみに気がつく瞬間

私は昔から、働くことに対してあまり積極的ではありませんでした。

 

 

 

性格は真面目な方ですが、どうも働いて賃金を得るということが魅力的ではなかったんですよね。

 

 

 

大卒の時まで親が小遣いをくれたし、足りなくなった時は言えば更にくれたので自ら働くこともありませんでした。

 

 

同学年でバイトをしている人を見ると、貧乏な人は大変だなと思っていました。

 

 

 

大学では両親が海外に転勤したので、月10万の仕送りを受け取っていました。

 

 

家賃を払う必要がないので、貯金をしてもかなり自由にできるお金が多かったです。

 

私は大卒までとうとう1日もバイトを経験せず、就活もなんとかなると余裕をこいていました。

 

 

ところが面接にはどんどん落とされるし、気づいた時にはNNTのまま卒業でした。

 

 

 

持ち駒ももうなかったし今更就活も微妙だなとは思っていましたが、この時親から仕送りを打ち止めようかという話を持ちかけられました。

 

 

 

貯金が100万以上あったので当分はそれを切り崩せばなんとかなりそうですが、それもいつか終わりが見えてくることでしょう。

 

 

 

ということでなんとか私は交渉し、5万だけ送って欲しいと必死でお願いしました。

 

 

今まで贅沢三昧していた私にとって、5万を消費するなんてすぐでした。

 

 

 

水道代やオール電化の高い電気代でみるみるなくなりますし、食事だって今までのようにレストランでランチなどもできなくなりました。
勿論、自分の小遣いもありません。

 

 

 

お金がない生活がこんなにもひもじいとは思ってもみませんでした。

 

 

 

趣味の万年筆や宝石一つだって買えない、それどころか日用品さえ普段使っていたものから数ランク落とす必要がありました。

 

 

こんな酷い生活もう耐えられない、この生活を2ヶ月して私はそう思いやっと重い腰を上げたのです。

 

 

正社員ではいつまで経っても仕事が見つからなそうだったので、仕方がなく派遣会社に登録しました。

 

 

 

そうしたらすぐに配属先が決まったし、派遣の割に仕事環境も悪くなかったのでフルタイムでそこで働くことになりました

 

 

 

普段はお金なんてあるのが当然でしたが、必ずしもいつもそうだとは限らないし自分で使うお金くらいは自分で多少はなんとかしようと決めました。